読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yamakichi’s blog

yamakichiの技術ブログ

オブジェクト指向のこころ 読んだ まとめ

読書 思考の整理 開発

オブジェクト指向のこころを読み終えました

オブジェクト指向のこころ (SOFTWARE PATTERNS SERIES)

オブジェクト指向のこころ (SOFTWARE PATTERNS SERIES)

最近は最適な設計、コードの質を上げることを特に意識して開発を行っています。

まだまだ至らずなところが多いなか、以前と比べると少しづつ質は上がってきてはいるのかなと感じています。

今回は、「デザインパターンを用いたオブジェクト指向開発」について深く学びたかったため本書を手に取りました。

デザインパターンがどういうものなのかがわかった。オブジェクト指向についてもある程度理解はしている。 でも、具体的にそれらをどう組み合わせたら柔軟で堅牢なシステムを作れるのかはわからない。

そういった人にこの本は向いているかもしれません。

この本はデザインパターンオブジェクト指向の中間点を説明しています。

読み終えて、オブジェクト指向開発でよく言われている「インターフェースに対して実装を行う」ということの意味がよくわかりました。

ソフトウェア開発とは全く関係なさそうな、建築学の話が途中入ってきます。

建築学的視点を元にデザインパターンの本質を解き明かしていくのですが、これが非常にわかりやすかったです。

良い設計になるか、悪い設計になるかは視点の置き方によって変わると言われていますが。

その視点の置き方について本書では、「第8章 視野を広げる」で20ページにわたって深く解説しています。

その中でも特に重点的に語られているのが カプセル化です。

従来の考え方でいくとカプセル化とは「データの隠蔽」として考えられており、自分もそのように考えていました。 しかしここではそれを全面的に否定し、以下のように唱えていました。

カプセル化とは、「あらゆるものを隠蔽すること」であると考えるべきです。

考えるべき。という強い口調で語られていますが、読み終えた自分も全くその通りだと考えています。

具体的には、下記のように5つの隠蔽を実践することで堅牢で柔軟なシステムを作り上げていこうということです。

  • データの隠蔽
  • 実装の隠蔽
  • クラスの隠蔽
  • 設計の隠蔽
  • 実体化の隠蔽

これはつまり、「流動的な要素を見つけ出し、それをカプセル化する」ということになります。

この考え方を特に強く反映し、またそのフォースを強く持つのがStrategyパターンとBridgeパターンです。

特にBridgeパターンについては30ページかけて説明されています。

ここを読み終えた後には、Bridgeパターンの目的である

「実装から抽象的側面を切り出して、それを独立して変更できるようにする。」

ということに意味がすごくよく理解でき、かつ解決策に導くための視点の置き方の重要性に気付かされます。

第14章では「デザインパターンの原則と戦略」についてまとめられています。

  • 開放/閉鎖原則 (オープン/クローズド)

    新たな機能を個別に、すなわちモジュール化された形で追加していけるようにすることで、

    結合コストを最小化したソフトウェア設計にするということ。

  • 依存性の逆転原則

 抽象的即名は詳細に依存してはならない。詳細が抽象的側面に依存するべきである

デザインパターンを適用するための問題領域の洗い出しを行う方法に、 「共通性/可変性分析」という方法が紹介されています。

  • 共通性分析

  時間が経ってもあまり変化しないもの

  概念上の観点

  • 可変性分析

  流動的要素

  実装上の観点

読んで理解は深められたものの、まだまだ実践に落とし込めていることが少ないので何度も読み返しながら実践し続けていきたい。

ここに書かれている設計手法、視点の置き方、分析テクニックなどを用いて、 0から柔軟で堅牢なシステムを構築できるようになれば一人前のオブジェクト指向設計者になれると思う。

がんばりたい。