読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yamakichi’s blog

yamakichiの技術ブログ

Rubyのあれこれ、

あれこれ

普段Rubyを触っていてこれは学びとして記録しておきたいなと思ったものを紹介していきます。

OpenStruct

Rubyには手軽に構造体を作成することができるOpenStructクラスが用意されています。

require 'ostruct'
ab = OpenStruct.new
ab.foo = 25
p ab.foo          # => 25
ab.bar = 2
p ab.bar          # => 2
p ab              # => <OpenStruct foo=25, bar=2>
ab.delete_field("foo")
p ab.foo          # => nil
p ab              # => <OpenStruct bar=2>

使いたい場合には require 'ostruct' で宣言をします。

ab.foo = 25 

このように要素に値をセットしていきます。

OptionParser

コマンドラインのオプションを扱うためのライブラリ

require 'optparse'
opt = OptionParser.new

opt.on('-a') {|v| p v }
opt.on('-b') {|v| p v }

opt.parse!(ARGV)
p ARGV

ruby sample.rb -a foo bar -b baz
# => true
     true
     ["foo", "bar", "baz"]

require 'optparse' で宣言を行う
OptionParserクラスのインスタンスを作成し、
インスタンスに引数があった場合の動きを定義します。

parseメソッドが呼ばれた時に、コマンドラインにオプションが指定されていればそのオプションの動きが実行される。

NoImplementedError

Rubyでプログラムを実装する際にovverrideすることを強制するためにNoImplementErrorを強制的に呼び出す方法。
Baseクラスに主機能をまとめておき、それを継承する形で子classを実装する。
子クラスのインスタンスでメソッドを呼び出した際に、overrideで実装されていなければエラーが起きるように親クラスにNoImprementedErrorを定義する。

class Pokemon
  attr_reder :name

  def initialize(name)
    @name = name
  end

  def show
    "#{name}#{revel} レベルで #{type} タイプだ!"
  end

  private

  # サブクラスで必ず実装する
  def revel
    raise NotImprementedError.new("You must implement #{self.class}##{__method__}")
  end

  def type
  raise NotImprementedError.new("You must implement #{self.class}##{__method__}")
  end
end

class Hushigidane < Pokemon
  private 

  def level
    "5"
  end
end

class Zenigame < Pokemon
  private
  
  def type
    "みず"
  end
end

class Hitokage < Pokemon
  private

  def level
    "12"
  end

  def type
    ""
  end
end

Hushigidane.new("フシギダネ").show
#=> NotImplementedError: You must implement Hushigidane#type

Zenigame.new("ゼニガメ").show
#=> NotImplementedError: You must implement Zenigame#level

Hitokage.new("ヒトカゲ").show
#=> "ヒトカゲ は 12 レベルで 火 タイプだ!"