読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yamakichi’s blog

yamakichiの技術ブログ

Swift CocoaPod setup 導入手順

Swift

CocoaPods とは?

CocoaPodsはObjective-C そして Swift のライブラリ管理ビルドツールです。
RubyでいうRubyGemsと同じ位置付けになります。

CocoaPods 公式
CocoaPods.org

CocoaPodsを導入する

CocoaPodsはRubyGemを使用するためRubyが入った環境を必要です。
MacOSはデフォルトでRubyが入っているのでそれでも大丈夫です。

1.ターミナルで以下のコマンドを打ってGemを最新版にします

sudo gem update --system

2.CocoaPodsをインストールします。

sudo gem install cocoapods

ここでrbenvでrubyを管理している人は
rbenv rehashを行わないと command not foundになるかもしれません。
その場合以下を行ってください。

rbenv rehash

3.CocoaPodsをセットアップします

pod setup

CocoaPodsを使う

iOSプロジェクトに移動する

cd ~/sample

プロジェクトディレクトリ以下で pod init を行う

pod init

これでCocoaPodsを使う準備が完了し、必要になるファイルなどが自動で生成されます。

cat で中身を確認してみると

cat Podfile

以下のようなファイルができています。

# Uncomment this line to define a global platform for your project
# platform :ios, '9.0'

target '' do
  # Comment this line if you're not using Swift and don't want to use dynamic frameworks
  use_frameworks!

  # Pods for Sample

end


Podfileに入れたいライブラリを書き込み、
この場合 'SVProgressHUD' と 'MWFeedParser' を入れようと思います。

# Uncomment this line to define a global platform for your project
# platform :ios, '9.0'

target '' do
  # Comment this line if you're not using Swift and don't want to use dynamic frameworks
  use_frameworks!

  # Pods for Sample

 pod 'SVProgressHUD'
 pod 'MWFeedParser'

end


Xcodeを閉じた状態で以下を実行します。
ここでXcodeを閉じておかないとpod install できないことに注意してください。

pod install

以上です。